Entries

トループ・グレッチェン

クーデターを起こしたグレッチェンに乗っ取られたウォーバンド「パラダイス・オブ・ラント」の紹介、第3弾。ウォーバンドの主役、トループグレッチェンです!

130611_01_troops.jpg

うじゃうじゃ~
130611_02_troops2.jpg

各ユニットはポイントの関係でフルの30人ではなくて29人なんですが、6ユニットで174体のグレッチェン!何とかそろえました~。

グレッチェンってモデル造形が楽しいので、数塗りしてても思いのほか楽しいんですよね。
とはいえ、しばらくは満腹でし^^。

通常のグレッチェンユニットはラントハードと言われるオルクに支配されているのですが、今回ご紹介している「パラダイス・オブ・ラント」はグレッチェンに乗っ取られたウォーバンド。そうはいきません。

オルクのラントハードを、さらに支配しているのがこれ!

130611_03_herd.jpg

スクイッグに乗ったグレッチェンたちです。FBのスクイッグ・ホッパーのモデルを使っています。
画像がごちゃごちゃで分かりにくいんですが、真ん中の奴は後ろ向きに乗ってしまい、お尻が見えてます。あはは楽し~!

今回はこの辺で。まだまだ、パラダイスオブラントの紹介は続きますよ~!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wnish.blog134.fc2.com/tb.php/167-6b1684ed

トラックバック

コメント

[C831] なんという壮観な眺め

これだけ弾受け(弾避けでないというw)の兵士が居ると、乱戦必至ですね。どうやって駆除すればいいのかwww
が、射撃のとんでもないのが暗黒宇宙の掟。
問題はどうやって被弾を軽減するか・・・
キラーカンの群れを前に出してひたすら耐えるのか、ワゴンで爆発を堪能しつつ前進するか??w
  • 2013-06-12 20:48
  • 長崎のいまむら
  • URL
  • 編集

[C832] Re: なんという壮観な眺め

長崎のいまむらさん、毎度!

グレッチェンのいいところはコストが安いこと、目標が確保できることの2点のみ。その他には戦力としては何も期待できません。そもそもここまで、全トループをグレッチェンでうめてしまうと、弾受けwで防ぐべきボウイもいませんのでその役目もなし。数は多いけどちょいとやられてあっという間に退却・・・というケースが容易に想定されます・・・。

勢いで作ってしまったはいいけど、ゲームではどうすんだこれ!(笑)

[C835] す、凄まじい!

よく揃えた、よく作った、よく塗った!!!

絶賛と驚愕の光景です。本当に凄い。
「グレッチェンへの愛」が成し遂げた軍団ですね。

ルールをそのまま当てはめると、確かにキビシイ戦いになってしまいますが、例のショックガンのように、グレンチェンのモデルを用いた改造で「ルールはそのまま:でも姿はグレッチェン」というのを作ってはいいかがでしょう?(間に合うかかどうかは問題ですが)

グレッチェン山盛り&しがみついたキラーカンとかバトルワゴンとか、あるいはグレッチェン肩車した連中とか…

それにしても凄い数だ。
これで我々は後10年は戦える!
圧倒的ではないか、我が軍は!
  • 2013-06-13 08:36
  • 水ぱち
  • URL
  • 編集

[C836] Re: す、凄まじい!

水ぱちさんコメントありがとうございます~!

そう、実のところこのグレッチェン、数は多いですがこれだけでは戦えるはずもなく、でもメリットもあり、トループを低コストに抑えることでの他の戦力へのポイントの配分ができるんです。

ご指摘の「ルールはそのまま、でも・・」ユニット、うーんスルドイ!
次々回くらいにご紹介します!!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ニッシュ

Author:ニッシュ
静岡県三島市近辺で40kを楽しんでいます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR