Entries

オルクコデックス更新

全国53人(当社発表値)のオルクフリークの皆様、お待たせしました。
待ちに待って待たされた、コデックス更新です!!
140703.jpg
限定版「ウォーボス」バージョンのルールブックと別売りのデータカード

思い起こせば前版のオルクコデックスは、私がウォーハンマー40k始めた時(5版ルール)にはすでにあって、ずーっとなじみ深いものでした。

私が思うにオルクとは数と白兵戦で相手を圧倒するアーミー。全力移動の後突撃できる5版の「グアーグ!」でcmルールからインチルールに移行したあの時、最高の輝きを放っておりました。

そして暗黒の6版時代。「グアーグ!」は単なる突撃となり、ダイス振りなおしの恩恵をうけるも、新ルール:警戒射撃で前衛が削られ、結局突撃できずタウのウォリアーを目前にして倒れ涙したあの日。

しかーし、7版ルール改訂後、さきがけのタイミングとなったオルクコデックス更新!

スペシャルルール"Waaagh!"
ゲーム中に一度、2ターン目以降の次ターン開始時に、このルールを持つ兵がウォーロードだった場合"Waaagh!"を宣言できる。宣言されたターンの間、自軍で"'Ere We Go!"ルールをもつ兵は、全力移動をしたターンにおいても突撃することができる。


よっしゃー!全力移動&突撃ふっかーーつ!もうね、これだけでいい。よくやってくれた。まんぞくじゃあ。

これからは「ウォォー!」とかって読むんですかね?

まあ、他にも新コデックスのポイントとしては、なんとゾグウォートじいさんがいなくなってしまったとか、ゾグウォートじいさんルールが削除されてしまったとか、他にもゾグウォートの呪いが・・・・まあいろいろありましたが・・・・・今後じっくり楽しんでいきたいと思います!

英語版コデックスを読んで驚いたのですが、前版日本語版の「あの」オルクフレイバーが全然ない、フツーの説明文章なんですよね。あれ、と思って見返してみたら、前版のオルクコデックスの英語版も、フツーにおとなしいんですよ。あのミリョク的な文面は、日本語版ならではのオンリーものだったんです。驚愕!そして今回日本語版が出なかったことが本当に残念!

ここで"Waaagh!"ルール解説をフレイバー翻訳でもう一度。

スペシャルルール"グアーグ!"
イクサに一度、一回「タメた」後に大族長は敵にブチかましをかけることができる。これが「グアーグ!」だ。「グアーグ!」がいったん起こったらもう敵は最後。ボウイとか他のアレとかがブチかましをかけた後でブチかましをかけることができる。


これでは何だかわからない(笑)。あ、前版でもルールはフレイバー翻訳ではなかったですね。

いずれにしろ、オルクの新コデックスが出たことが本当にうれしいです。めでたい!さー楽しんでいきましょう全国53人(当社発表値)のオルクフリークの皆さん!

ところで今回限定版コデックス「ウォーボスエディション」について、きのうちょっとショボイメールがGW本社から送られてきてましたね。

「シリアルナンバー入れ忘れました。申し訳ありません。こちらの手落ちですが、ビッグメク・ボディットの助けを借りていい感じのパッチを作ったのでお送りします」のだそうです。
メールを受け取った人は以下の感じで返信するといい感じのアレが送られてくると思います。
---
Dear colleagues of Big Mek Bodgitt,

Thank you for letting me know the issue regarding serial number of Codex Ork.
My address is as below.

Full Name: (名前)
House Name/Number: 番地とか一番最後の住所
Street: 町名とか
City: 市名とか
State/County: 県名
Country: Japan
Zip/Postal Code: 郵便番号

I am looking forward to receiving my serial number.

Best Regards,

(名前)

---

楽しんでいきましょうオルク!Waaaagh!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wnish.blog134.fc2.com/tb.php/198-c9cece56

トラックバック

コメント

[C993] じいさんは星になったのさ…?

新コデックス、入手されましたか~

英語に「オルク的表現」がなかったなんて、日本語訳スタッフ、がんばってたんですね。そう考えると、なお一層日本語版の再販を願わずにはいられません(特に私のような英語力が皆無な者は…)

新コデックスから、じいさんが消えてしまったのは残念ですね。きっと彼は星になった…いいえ、伝説となったのでしょう。…あるいは、新たな戦いを求めて、広大な宇宙の彼方へ旅立ったのかもしれませんね。

ティラニッドもコデックスが新しくなった時「マランタイの滅び」がルールから消えてしまい(物語の中にはそれっぽいのが出てきますが)残念でした。対戦者に了解を得て使いたいなぁ、とか考えております。

私と対戦して下さるときは、じいさん、カンバックで問題ないですよ。

まだまだ若いモンには任せておけないでし!

とかいった感じでw
  • 2014-07-05 12:36
  • 水ぱち
  • URL
  • 編集

[C994] Re: じいさんは星になったのさ…?

水ぱちさん、コメントありがとうございます!

そうなんですよ。あのオルクフレイバー、日本語訳オリジナルだったんです。
もうね、ここはいっちょう逆輸出?してもらいたいくらい。失ってはじめてわかるとはこのことか~、って思いましたねー。

じいさんルールがなくなったのは残念ですが、そうですねー、機会があればぜひ「マランタイの滅び」とお相手させていただきたいですね!!
マランタイの滅び、対戦したことはないいんですが面白いキャラクターですよね。バトルの進展とともに傷と攻撃力が成長するなんて、ダークエルダー的でもありリスクが大きいけどいったん成長すれば手のつけられないユニット、これは楽しそうですね!

オルクの新ルールも、ぱっと見「これは強い!」というユニットはないいんですが、コストが安くなって数で押すぜ!的な編成もやりやすくなり、自分的には結構気にいってます!
  • 2014-07-05 22:21
  • ニッシュ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ニッシュ

Author:ニッシュ
静岡県三島市近辺で40kを楽しんでいます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR